本日のメニューは「しょうが焼き」になりました

今日のご飯はしょうが焼きにします。

どうしても肉が食べたくなったんですが、たまたま冷凍庫に先日買っておいた豚肉を見つけました。

たまたま冷蔵庫には「しょうが焼きのタレ」がありました。

ラッキー(笑)

これで今日のご飯も手抜きで楽々用意できてしまいます。

さて、付け合わせはどうしましょうか。

キャベツの千切りだけでいいかなぁ。

物足りないですかね?

じゃあ、プチトマトもつけてしまいましょう。

「足りない!もっと食べたい!」と文句を言われてしまいそうです。

どうしましょうか。

別皿にキャベツを山盛りにして提供してみましょうか。

「キャベツはおかわり自由」ということにします!

でもやっぱり、他にも何かメニューを考えた方が良さそうですね。

ご飯と味噌汁としょうが焼きとキャベツ。

十分なような気がしてきました。

これで足りないと言われたら、リンゴを剥いて提供しましょう。

これで足りてくれ(笑)

ご飯大盛りで提供することにします。

今日は多目にご飯を炊かなくちゃいけませんね。今日 お金 を 借り たい

スリッポンは2階層ぐらいで転換かなあという

2層前に買ったスリッポン。
暑い季節だけですが、きっとデイリー買い物などに履いて出かけてきました。
もうボロボロになってきて、盛りだくさんかなと感じています。
私のは二流なので、2層も履けたら高級かなあとしてある。
買い替えてまた履くかどうかなんとなく耐えるんですけど。
昨年はいまいちサンダルが流行っていないみたいでしたが、今年は人気が復古してきているのか、サンダル個性を街中で鋭く見かけます。
となると、サンダルを買ったほうがいいのかなあ、なんて。
も、ひたむきスリッポンのほうが楽だし、サンダルが履けない旬にも履けるので効率いいんですよね。
で、物をなるたけ低く保ちたいミニマリスト志願者(笑)としては、とも貰うという選択肢は大して選びたくない理由で。
スリッポンを買い換えるべきか、サンダルにすべきかで悩んでいるわけです。
どうにもくだらない問題ですけどね。
物を貰うのに問題に悩んで承認の買い物を通してこそのミニマリストだと思っているからいいんです!
…で、どっちにしようかまだ検討中です。ミュゼ 360円 キャンペーン

主婦でも手帳は持つべきではないかと思った

親戚の家に行ったときのことです。
旅行をしようという話が出て、日程の確認をすることに。
私はいつも持ち歩いている手帳を取り出して確認していたのですが・・・。
なんと相手の奥様、奥の部屋からカレンダーを持ってくるじゃないですか。
いろいろ予定が書き込まれているカレンダーをテーブルいっぱいに広げ、日程確認をはじめました。
主婦は家にいることが多いせいか、手帳を持ち歩かずに、家のカレンダーひとつでスケジュール管理する人もけっこういますよね。
かくいう私の母もそうです。
なんでもカレンダーに書き込んでいます。
手帳だと忘れるし、あちこちに書き散らすとわからなくなっちゃうのだとか。
主婦とはいえ、意外と予定も多かったりするし、出先で日程を確認することも多いです。
家のカレンダーだけでなく、手帳も持ち歩いた方がいいと思うんですけどね。
もちろんスマホでもいいですよ。
とにかく、カレンダーと、手帳と、両方で管理して忘れないよう努めたほうがいいです。アコム 使い方

ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読んだお天道様から何かが変わった。

学生時代のことです。ある日周りがこれを読んでみてほしいと最初冊の文庫本を引き取りました。「デミアン ヘルマン・ヘッセ」の報告が薄く印刷してありました。ぼくはいまひとつ正規を掴むパーソンではありませんでしたが、友人の外見から大事にしている正規ですなと感じたのでした。夜中更かしばかりやるぼくですから深夜のリーディングだ。早速帰宅した晩それを読み始めました。どんどん引き込まれていきました。ヒーローが出会ったデミアンは不思議な付属として描かれていました。とあるウェブサイトを読んでいたシーンでした。ヒーローが人物を描いていらっしゃる、誰かに通じる、誰かに通じると彼氏のメンタリティを探る。そして呼びかけました。デミアンだと。ぼくはこういうシチュエーションでようやく経験する身震いと、鳥肌の立つようなスリルを覚えたのです。何でそのようなものが私の脳裏から出て来たのか自分で極めるハズもありませんでした。周りに正規を返した日、その話をしました。周りは話しました。「すごかったです?」こういうデミアンを貸してくれたのは淑女でした。同級生でした。不思議なものですが、ぼくと妻のキロは次々近くなって赴き、惹かれ合っていきました。何度か妻はぼくを客間に入れてくれました。何時間も話し込むことが多くなりました。目下思えばこういうデミアンを共用したシーンから私たちのキロはなくなったも同様のような、ちっとも昔から知っていたヤツ同士のような間柄になりました。今は遠く離れ、接点もなくなったと言えますが、「デミアン」こういう一言で二度とこういう瞬間を共々した時代に戻れそうな気がするのです。http://www.elayaway.co/

SNSはとってもムダなのだろうか?でも売買が来るしなあ

SNSで、大きな仕事をもらったことがある。ちっちゃな仕事も残る。
ソーシャルネットワーキングサービスから仕事をもらったことも何度も生じる。なので、インフォメーション発信は大いに肝要です。
ホリエモンも、インフォメーション発信は大事ですよって言ってた気がする。
でも、ぼくって、有益なインフォメーションが弱いんだよなあ。
けどぼくは、ソーシャルネットワーキングサービスから仕事をもらったこともあるし、SNSで知古になったこともあるので
SNSは諦めるわけにはいかない。仕事の重要線です。
あとはGmail。これはがなによりも命。
先インターネットブログね。インターネットブログも仕事を集めるのに助かる。
仕事がなおさら欠けるかなと思うけれど、目下、仕事をする意思がダウンしてあるような
気がするよ。ひどい。ひどい。ひどい。
一段と、がんばらないと。
うちはちょっとずつ、片付けていこう。今日はテレビジョン友達、洗濯物をたたんです、明日は何しようか。
図書をよんで、少しずつ、断捨離していこう。うちを綺麗にしたいのだ。ようやっと結婚するのだし。ベルタ育毛剤 楽天

晩ごはんを食べたりバラエティー番組を見た

晩ごはんを食べました。味付けのりと一緒に食べました。久しぶりに食べました。少ししてから、いよかんが入っているゼリーを食べました。美味しかったです。そして、あるバラエティー番組を見ました。最初は、だめなゆとり世代の人を撃退するコーナーからやっていました。今回のゆとり世代の人は、挨拶もちゃんと出来ていませんでしたし、全く反省しているとは思えない態度でした。こういう人がいるから、ゆとり世代をバカにする人がいるのかなと思いました。しかし、ゆとり世代はこういう人ばかりではないことを分かってほしいなと思いました。次は、胸キュンのドラマをやっていました。このコーナーは、いつも楽しみにしているので今回もあって良かったです。田舎みたいな風景でした。懐かしい感じの風景でした。電車もそんなに人が乗っていない電車だったので、感じが懐かしかったです。次は、紙芝居で紹介するスカッとする話をやっていました。今回も見れて良かったです。痩せ 酵素

余ったきんぴらを炊き込みご飯に入れたら美味しかった

ゴボウとニンジンのきんぴらを作ったのですが、ちょっと作りすぎたみたいで、2日経ってもまだたっぷり残っていました。
さすがに食べ飽きたし、そろそろ食べ終えないとダメになってしまうなあと途方にくれていましたが…。
ふと、炊き込みご飯に入れてみようと思い立ったんです。
ゴボウもニンジンも、炊き込みご飯ではおなじみの具材。
味付けも砂糖醤油なので炊き込みご飯に合います。
他にキノコ類とツナ缶も入れ、いつもより少し薄口に味付けしスイッチオン。
炊き上がりはバッチリ成功!
そして、きんぴらのピリ辛がほんのり効いていて、いつもの炊き込みご飯より美味しかったです。
炊き込みご飯なら残り物のきんぴらも一気に使い切れますから、これはいいアイデアと自画自賛してしまいましたw
実は炊き込みご飯って、炊飯器でお手軽に作れるし、具材もいろいろ使えるんですよね。
冷蔵庫の残り物処分にもうってつけです。
和風な味付けのほかに、塩コショウスパイスで洋風にもアレンジできます。急ぎ お金 用意

いま見たDVDについてのレビュー【パプリカ/今敏】

あたしはこの間、こういう作を自宅で鑑賞しました。甚だ五回目だ。
こういうフォトは想い探偵ですパプリカという女性が、想い探偵をするにあたって必要な器材を仇敵に盗まれ奪い返すという解説だ。
こういう作を鑑賞するにあたって、トップ見てほしいところは正にフォトだ。
フォトなのだから正当じゃないかという感想が聞こえてきそうですが、すでに目を皿のようにして観てほしいのです。
今マネジメントの圧巻の挿し絵勢いはもちろん、ワン立場ずつ切り取っても扉絵に至るようなクォリティの高さ。
あたしがトップオススメする立場は、パプリカの親分ですダディーの夢の中での立場だ。
喇叭を有するカエル、身元、招き猫、アドバルーン、たぬきの置物、他にも数えきれないほどのアイテムが集まって行進をしているのです。
こういう作では有名なパレードの立場だ。これがすべてCGを使っていないというのだから驚きですね。
今マネジメントと結び付きミュージックを個別した平沢進くんのミュージックともマッチしていらっしゃる。
あまりのフォトの美しさに我を忘れてしまいそうになりますが、大勢にオススメしたい作の一つです!キャッシング 1番

母親の美しさって何と考えさせられた作「整形美女」

何を貰うとも無く本屋の読物一角を眺めていたら1冊の公式の肩書きが目に入った。「整形美女」という、ワンタッチかつインパクトのある標記。
以前に百田尚樹くんが書いた「魔物」という読物も整形をテーマにした作品でほんとに面白かっただ。その印象があったからか気になってこぶしに取り去りウェブサイトをめくってみました。
自分にとって可笑しい公式と言うか、見合う公式というのはたいてい1ウェブサイト目でわかります。するすると、文が入ってきて頭の中にDVDがうかんでくるのです。
はなしはそれるけど、だから、フォトやドラマに上る場面、先にきっちり読物から読んでおきたい。先にDVDを見てしまうと、例えばキャストを知って仕舞うだけでも、もう公式の中間のクライアントの表情はその歌手くんの表情になってしまうのです。
何の感じも無く出会ったこういう公式、1ウェブサイト目ですぐに買取を決めました。
一層、観点が面白かっただ。整形と言うと、望ましくない妻が美しくなるために講じるアイテム、という方針を引っ繰り返します。良く恋い焦がれる妻と美しいのに、整形でわざわざ平凡な表情に罹る二人の妻を描いていて、その差がわかりやすくて、さっとぞっとします。
人気ばれになるので、きちんと書きませんが心から印象的な言葉づかいがありました。
どうして、歯列矯正は良くて整形はダメなのか。化粧でも同一じゃないのか。同一じゃない返信は整形は「包み隠す」から引け目があるのだと。
愛らしい妻がきっちり幸福かと言うと、世界中、そうでもない気がする。幸せの価値観なんてひと人間なだし。返信は何かとだけど、読んでみると自分なりの考えが見えて訪れる気がします。
久しぶりに面白い公式に出合えました。キレイモ 脱毛

WBCで勝っている日本のほうが米国より著しいんですから、そっち、忘れちゃ駄目ですよね

イチローがピートローズ氏の数値を超えたのにアメリカではそれをお天道様アメリカ合衆国総だから嫌うという話題ですが、もしもこれがアメリカのアスリートでお天道様アメリカ合衆国総だったらまた異なる評判でしたでしょうね。要するにイチローが外人であり、それもアジアユーザーだから尚更なんですよね。それに我が国は下に見られているのもありますよね。でもWBCで勝ってるじゃないですかね。こちら、公平に見てもレベルの差はないし、やっぱり投手に関しては邦人のほうが底力はありますよ。だからお天道様アメリカ合衆国総は嫌うというのはどうみても負け惜しみですね。明らかに我が国が格下なわけではないし、逆にイチローがアメリカだけで最初からいたら尚更安打通算を稼げたとも感じますけど。日本のほうが放物線を扱うアスリートが多いなかあれだけの数値なんだから。逆に日本でのほうが安打通算を稼ぐのは大変ですよ。つまりアメリカ側は負け惜しみなんであって、放っておけばいいんです。こちら陣邦人はみんなローズ氏を超えたと思っているんだから、それでいいんです。球界の大御所でもまだアメリカのほうが格あとなんていってるユーザー多いですが、さっきも言いましたようにWBCで勝っているのですから。プロミス借りる