掘り起こしもの!ひとめぼれしちゃいました。

思い切り古物商や古着屋を利用しています。
はからずも目下、 それとなく立ち寄った古物商で、目に入ったのが浴衣。これからお催しの時世ですな〜と思って、これまたそれとなく見てみたら・・・物凄く明るい浴衣を発見してしまいました!
淡い水色で、ピンクや水色の水彩絵の具がにじんですような花気分がついていて、大いに清楚なんです。
身丈もぼくにねっとり!こんなにすばらしいものが、500円で売られているものだから・・・すぐさま買って帰っちゃいました。
ところが。現下持ち合わせる赤い彩りの帯が差し色になるかなーと思ったんですが、案外合わない。全体的に淡い風情の浴衣だから、帯だけ引き立ちすぎちゃうんです。
帯も新しく買わなきゃいけないかな?浴衣の形勢的には、青い帯か白い帯が似合うんじゃないかなーと思ってます。
そうしたら、それに見合うような髪デコも新しく買いたいなー、なんて思っちゃったり・・・。出金が目立ちちゃいそうです(笑)今すぐお金借りたい

妹の誕生日祝いで、久し振りに家族と外食しました。

妹の誕生日という事で、親たちとは5時半に待ち合わせをしました。

その前に私は、妹の誕生日プレゼントに7月に発売されたHey!Say!JUMPのCDの初回版を買い、時間がまだあったので本などを見て時間を潰してから合流しました。

つい最近出来たお店で予約をしておいたので、まずは誕生日を祝ってからお寿司や焼き鳥を頼んで食べました。

途中で私は妹にプレゼントを渡し、妹はその場で開けてCDに頬を擦り込んでいました。

そろそろお腹もいっぱいだし、とお店を出る準備をしていると、予約する時に妹が誕生日だという事を告げていたらしく、店員さんがお寿司のケーキに花火をつけて持ってきてくれ、さらには誕生日によく歌う歌を歌ってくれるというサプライズを頂きました。

更に偶然家族と来ていた子供たちが、お寿司のケーキに興味を示して覗いていたのですが、子供たちも妹に「お誕生日おめでとう」と祝ってくれたのです。

私も母も笑い、妹は照れながら「ありがとう」と返していました。

妹にしたら初めて自分より歳が下の子に祝って貰ったので、少し恥ずかしかったのかな。

その後は膨れたお腹に更に詰め込み、お店を後にしてカラオケに行きました。

久し振りに歌ったので声もあまり出ませんでしたし、お腹がきつすぎて加減が出来ませんでした。

それでも10年前の私を見ているようで懐かしくもあり、楽しい一時を過ごしました。

今年の一年間は、妹にとって良い一年になれば良いなと密かに願い、妹にとっては忘れられない誕生日になったのではないかと思います。キレイモ 9500円

アフリカの集団対立の行いに対して勉強した

アフリカのことなどについて受講しました。欧州の植民ポイントであったアフリカの大半は、第二後戦後に相次いで自立しました。ただし、国境が不自然に画定された結果、国の度合いって民族・人種の在宅区域といったが該当せず、対立・けんかの原因となっている。例えば、スーダンは実権を極める北部のイスラーム間柄アラブ人って、分離・自立を貪る南部の非イスラーム系の黒人との間で、内戦が20世代上記続きました。南部は2011世代に南スーダンとして自立しましたが、地域の風向きは依然不確かだ。一方、ルワンダでは1973世代のクーデターで多数人種のフツ族に政権が変わり、ツチ族との間で内戦となりました。これらの内戦では多くの死者といった難民を出している。このように、民族・民族間隔の対立には重いものがあり、勝利は容易ではありません。民族ごとに自立するのがよいのか、それとも多民族との共生は可能なのか、民族対立のキャリアをきつく考察してみたいなと思いました。ミュゼ 腕脱毛

米大統領選で熱くなっているが日本のアレを連想して仕舞う。

夏季ではあるが、昼前はヌルヌル涼しく網戸のままで寝ていたら寒いぐらいでした。それにしても最近の夏は、35たびを過ぎて報せになるということもありますが私のいる場所はさほどではありません。ただ、太っているために意外とでも無いあつさも不愉快になります。
熱いといえば日本の政治と違って、アメリカ合衆国大統領選で民主党といった共和党のリーダーがトランプさんというクリントンさんときまりました。やはり対岸の火事?ではありますがそこは強国アメリカ合衆国ですからどんな大統領になるかは、日本に著しく影響してきます。一層トランプさんの過激なツイートから日本の報せや新聞紙に搾り取りられる循環も著しい話題です。ところで、肝心の日本の政治ですが都内の某知事がベトベト自分の金額を無駄遣いやるだの、意味のわからない民進党内野党が内閣不信任構想をだしましたなど断じてぱっぱと断ち切る報せが多く、肝心の日本人はもっと政治に醒めている。
アメリカ合衆国は現状に結構鬱積で、現状を変えたいというのですが、個人的には以前のさっそく政権交換を通してみようぜという活動と同じ印象を感じている。カード ローン 金利 比較